ネット回線で広告された処理速度が実現できない時間帯が出る理由

インターネットは今では必要不可欠なインフラと考えている人は多くなっていて、その中でも定額制で映画などを見たり、オンラインでゲームを行うために大容量で処理速度が速い光回線に加入する傾向が強くなっています。

ドコモ光とソネット光のどっちがおすすめ?

光回線は他のネット回線と違ってデータ使用がいくら増えても定額の料金で運営されているのが基本であり、有線で接続されている場合がほとんどなので処理速度が速いという評価がありますが、実際は常に同じ処理速度でサービスが提供されているわけではありません。その理由は有線だからこその弊害であり、同一の有線にあまりに多くの人が同時にアクセスした場合、その処理速度で大きな負荷が発生することで処理速度が遅くなってしまいます。これはネット接続するユーザーが急増する夜に多く発生する事例であり、一戸建て住宅よりも戸数が多い集合住宅で起きやすい現象になっています。そのような状態になるとネット業者からも接続しにくくなっているという情報を提示してくるので、その場合は時間をおいてから新たに接続し直すか、遅い処理速度のまま使うしかないでしょう。この事象は無線形式のネット回線でも同じなので仕方がないのですが、どのような時間帯であっても同じネット環境で接続したいのであれば中継地近くで接続するという方法があります。中継地とは、遠方の場所をインターネットに繋ぐ際に距離が長くなると処理速度が落ちることを避けるために途中にある拠点のようなものであり、その近くでは当然に容量が増えるので接続が集中しても対応が早くなります。今のように利用者数が増加している現状ではこの問題は避けられないので、遅くなってもサービス業者の責任にはしないようにしてください。

こんなはずでは無かった、私のネット回線の悩み

色んな会社や回線の種類が沢山あってどれもこれも迷う所。

私は、携帯のキャリアと紐付けしたいのもあり、私の使っているキャリアの回線を使う事にしました。

 ホーム5Gの様な設置場所に困らない機種回線か、昔からよく聞く光回線にするかとても悩みましたが、新しいものよりこなれたものの方が安定性が高いと思い、光回線に。

 賃貸マンション住まいなので、マンションプランに決定。

 ここまで、私のランニングコストは、TVボックス等の契約はしないので、シンプルに基本料金とプロバイダーのコミコミセットに、携帯契約からの割引、これが得られました。

 毎月の支払いは携帯2台にタブレット契約も込で8000から10000円近く、コストを抑える事が出来ました。

 、、、喜びは長くは続きません、、肝心なネットの速度から、サクサクだね、ネット動画、と思うのは束の間、妻から

(ちょっと使えないんだけど)とのお達しが。ドコモ光への乗り換え・切り替え方法を徹底解説!光回線のお得な変更方法は?

 (嘘だろ)と思いつつ使ってみると、(何この速度)(スマホの足元にも及ばない)

 設定やデバイスとの接続、プロバイダーや回線会社のトラブルの情報、調べましたが問題なく。

 ルーターも疑いましたが、最新のもので、接続も安定。

 (やばい、これは、、もしかしてプロバイダー)

そうなのです、プロバイダーのチョイスで安定性や速度、使い勝手、オプション等も全然違う事を頭から忘れていました。

  この状態、上り20、下り18?25でした。

プロバイダー変更に手数料、月料金にアップまでかかりましたが背に腹は変えられません。工事完了と変更登録に3週間ほどかかり、イライラを抑え、なんとか新しいプロバイダーの乗り換えが完了しました。

 設定を入力して、さぁ使用!まず回線テストすると

上り150?210 下り256?385!

 やっと、安定性と速度が整いました。

 妻も安心して動画視聴。PCと、タブレット、スマホ2台、ネット家電とホームセキュリティ同時利用でこの値は、大満足です。

 今回の教訓?ネット選びは、回線の種類、回線会社、ルーターや接続ケーブルのスペックの選択、使用本体の性能、忘れては行けない、プロバイダーの品質!

 プロバイダー選びを間違えると、安定性、サービス、アフターケア、そして、速度も出ません。

 皆さんはこの点気を付けて選択して、快適なネット生活を送って下さい。