「ダメ!」と言わない子育てのコツ②

「ダメー!」と言いたくないのについつい子どもに言ってしまう。そんな子育てのお悩みを解決するため、今回も「ダメ!」と言わない子育てのコツをお届けします!

http://llln.org/

▶︎前記事『「ダメ!」と言わない子育てのコツ』

【パターン③】危ない所に行こうとしてる

1歳を過ぎた頃の子どもは動きたくて動きたくて仕方ありません!少し目を離した隙にテーブルの上によじ登ろうとしてる事も……!「ダ、ダメー!!」と言いたい所ですが、実はこの時に大きな声を出して驚かせると逆効果!足を滑らせてしまうかもしれません。

そんな時は「がんばってるね〜」と優しく声をかけながらスッと近付いていき、まずは落ちないようお尻や腕を支えます。登っている途中に下されると「もう!頑張ってたのに!!」と怒って泣き出しちゃう子もたくさんいます。

登っても良い場所なら補助しながら一度登らせてあげ、「がんばったねー!」と褒めながら抱っこして離れさせてください。

登っちゃダメな場所なら、近づいた後「こっちおいで〜」とこちらの体へ引き寄せて高い高いなどして気を紛らわせてあげてください。

大切なのは子どもなりのチャレンジをまずはしっかり認めてあげる事です。危なくてヒヤヒヤしますし、チャレンジしないよう怒りたくもなりますが、ここで怒り過ぎると「チャレンジ=ダメな事」と思ってしまう事にもつながります。安全には気をつけながら時には見守る事も大切です。

是非参考にしてみてくださいね!